葉物野菜について紹介します!

通販野菜選びの3つのポイント!
@野菜の産地が記載されているか
A農薬は、どのくらい使われているのか、
または、使われていないのか
B放射能物質の検査はされているのか

葉物野菜とは?

葉物野菜

葉物野菜とは、野菜の中で特に葉を食用とするもののこと
です。

 

葉物野菜には、ほうれん草やキャベツ、サンチュなどが
あります。

 

また、葉物野菜の呼び方は様々で、土地によって葉菜類、
葉菜、葉物、葉物類、菜、菜っ葉とも呼ばれます。

 

葉物類は大きく分けて二つに分類数することが出来ます。

 

ほうれん草や小松菜などの葉が広がっているものを
非結球性葉菜類といい、キャベツなどの丸く固まった形のものを
結球性葉菜類といいます。

 

葉物野菜にも様々な成分の栄養価があります。

 

キャベツにはビタミンUが多く含まれています。

 

この成分は胃腸の新陳代謝を活発にし、胃腸のトラブル
を防いでくれる天然の胃腸薬です。

 

ビタミンCも多く含まれ、外側の葉ほど多くのビタミンCが
含まれます。

 

生で2?3枚食べれば、一日の必要量の50%も
とれてしまいます。

 

ほうれん草には様々な栄養素が含まれているので、
緑黄色野菜の王様と呼ばれています。

 

ほうれん草を一日100g食べれば、β?カロテンは
必要量のすべてをとれ、鉄は必要の1/3の量を
取る事が出来ます。

 

鉄が豊富に入っているので、貧血を予防する役割も
あります。

 

他にも、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB1、
ビタミンB2、Kなどのビタミン、ミネラルが
豊富な野菜です。

 

β?カロテンを多く含むほうれん草はレチノールを
含んだバターを一緒に食べ合わせる事でビタミンAを
効率よく取る事ができます。

 

春菊はカルシウムが豊富で、イライラとした気分を
抑えてくれます。

 

他にもベンズアルデビドやアルファビネンなどの
約10種類の香り成分を持っているので、この香りにより、
胃腸の調子を整え、たんや咳を鎮める働きもあります。

 

自律神経働きを正常にしてくれるため、イライラや不眠症
などの症状も改善できます。

 

カルシウムは牛乳とほぼ同じ量があり、β?カロテンは
小松菜よりも豊富です。

 

白菜は栄養分が低いと思われがちですが、
白菜は栄養成分が均等に含まれています。

 

風邪の予防や疲労回復に効果のあるビタミンCや、
カルシウムの吸収率を良くする、マグネシウム
体内の水分を調整するカリウムも含まれています。

 

不足しがちなビタミンCは白菜で取りましょう。

 

これらはサラダやおひたし、漬け物などの様々な料理に
使われており、味もおいしいので最も日常で摂取しやすい
野菜でしょう。

 

 

新鮮な野菜が通販で届く!便利な通販野菜!
Oisixおためしセット詳細へ


OisixおためしセットOisixおためしセット

 

 

トップページへ