野菜の保存方法を紹介します!

通販野菜選びの3つのポイント!
@野菜の産地が記載されているか
A農薬は、どのくらい使われているのか、
または、使われていないのか
B放射能物質の検査はされているのか

野菜の保存方法

野菜

一人暮らしの方や少人数の家庭では、せっかく野菜を
買ってもすべて使い切れず、又作り置きなどもせずに
腐らせてしまう事がよくあります。

 

腐らせない為の保存方法は、その野菜それぞれの成長の
仕方に沿った保存方法で保存しなければなりません。

 

冷蔵庫に設置された専用の野菜室は、高湿度設計
となっており、ラップをしないほうが、野菜を新鮮に
保存できます。

 

高湿度設計になっている野菜室では、個々の野菜に
ラップをする必要はありませんが、カットした野菜や、
ニオイの気になる野菜は、必要に応じてラップを
していく方が良い場合もあります。

 

冷蔵庫には、さまざまな野菜を入れなければなりません。

 

しかし、それぞれの野菜に、最適な保存環境を
提供してくれる冷蔵庫を探しても、冷蔵庫の限られた
スペースではなかなか実現することはできません。

 

そんな限られた保存スペースの中で効率よく野菜を
保存するポイントは、包む事です。

 

それぞれの野菜を、別々に包めば、独立した保存環境が
生まれ、いろいろな野菜を、冷蔵庫の中で長持ちさせる事が
できます。

 

例えば、ほうれん草、小松菜などの葉物野菜保存する
場合、まず葉先をうえにして保存すると鮮度が落ちません

 

ジッパー付きの保存袋に入れてたてて冷蔵室の野菜室で
保存してください。

 

ジャガイモや里芋、さつまいもなどのいも類は基本、
冷蔵しなくて大丈夫な野菜なので、冷暗所で保存します。

 

カボチャも丸ごとの場合なら冷暗所で大丈夫です。

 

カットした場合は、腐りやすくなるので、種の部分を取除いて
から、ラップに包んで野菜室に入れてください。

 

キャベツを丸ごと保存する場合は、芯をくりぬき、
ぬらしたペーパータオルを一緒にジッパーにいれ、
芯を下にして野菜室に保存します。

 

このことからポイントは、野菜の乾燥や酸化を防ぐ為に、
ラップをしてから、ジッパー付きの保存袋などにいれると
ニオイが移ってしまうのも防げます。

 

もう一つは、野菜は育った状態で保存するのが
長持ちさせるコツです。

 

 

新鮮な野菜が自宅に届く!
Oisixおためしセット詳細へ
OisixおためしセットOisixおためしセット

 

 

トップページへ