果物について紹介します!

通販野菜選びの3つのポイント!
@野菜の産地が記載されているか
A農薬は、どのくらい使われているのか、
または、使われていないのか
B放射能物質の検査はされているのか

果物とは?

果物

果物とは、食用になる果実の事です。

 

植物が受粉、受精し、花の一部分が肥大したものを
果実といいます。

 

スイカやメロンなどの果実は果物に含まれないが,
実際には,このように分類されることは少ないです。

 

果物は一般に水分が多く甘みがありデザートや
おやつとして食べることが多いのです。

 

大部分の果物は水分が多くカロリーは低くくて
ビタミンやミネラル、繊維などは比較的多いので
健康食品やダイエット食品として食べられることが
多いです。

 

果物を摂取する事により、肥満の予防や、
糖尿病やガン等の生活習慣病の予防
女性に関心の高い美肌便秘や骨粗しょう症の予防
にも効果があります。

 

果物は甘いので、食べると太ると思っていませんか。

 

それは大きな間違いです。

 

食べ過ぎは確かに良くありませんが、
果物は砂糖や甘味料などよりもカロリーが少ないため、
同じ量を食べても摂取するカロリーが低くすみます。

 

そして、果物に含まれている果糖は、砂糖に比べて
体内に吸収されるスピードが遅いため、脂肪になりにくい
と言われています。

 

果糖の甘みは冷やすと更に増す為に、
冷やして出される事が多いです。

 

また一日の摂取量は1日200gくらいが理想的です。

 

ミカンなら2個、桃やリンゴなら1個食べると良いでしょう。

 

生活習慣病の予防効果など、果物類の健康効果が
注目されています。

 

バラエティ豊かなフルーツを食生活に取り入れて、
健康増進を図りましょう。

 

果物には、健康維持に欠かせないビタミン類や、
ミネラル類、食物繊維などが豊富に含まれています。

 

また、生活習慣病の予防に効果があるさまざまな
機能性成分も含まれており、世界各国の広範な
疫学調査の結果、果物と野菜をたくさん食べると、
がんのリスクも低減することが分かっています。

 

又果物には、抗酸化作用があるビタミンC
含まれており、鉄の吸収促進、白内障の予防、
がん予防、抗ストレス等の効果があります。

 

ビタミンCは水溶性で加熱に弱く、調理することに
よって失われやすいため、生のまま食べられる果実
で摂ると効率的です。

 

 

新鮮な野菜が自宅に届く!便利な通販野菜!
Oisixおためしセット詳細へ

Oisixおためしセット

 

 

トップページへ