緑黄色野菜に含まれる成分について紹介します!

通販野菜選びの3つのポイント!
@野菜の産地が記載されているか
A農薬は、どのくらい使われているのか、
または、使われていないのか
B放射能物質の検査はされているのか

緑黄色野菜に含まれる成分

緑黄色野菜

緑黄色野菜には様々な成分が含まれています。

 

しかも、含まれている成分はどれも健康を
維持する為に必要なものばかりです。

 

緑黄色野菜にはカロテンビタミンC、ミネラル、
食物繊維が豊富に含まれています。

 

緑黄色野菜を食べる事により、免疫力が向上し、
抗酸化作用などの機能性により、脳卒中、高血圧、
がん予防をする効果が高いと言われています。

 

現代人の食生活は野菜の摂取量が足りないと
言われていますが、なかでも緑黄色野菜が
特に不足しがちです。

 

毎日の食事で積極的に取るようにしましょう。

 

健康の為に一日に取りたい野菜の量は350gとして、
そのうち120gを緑黄色野菜で取るようにするのが
理想です。

 

緑黄色野菜のうち、にんじんやオクラ、ごぼう、
切り干し大根には食物繊維が多く含まれています。

 

食物繊維はこんにゃくに含まれるマンナンや果物に
含まれるペクチンなどがあります。

 

効能は、コレステロールの吸収を抑え、血中濃度を
下げる役割があります。

 

他にも、糖分の吸収を遅らせ、血糖の急激な上昇を
抑えることでインシュリンを節約する効果もあります。

 

このように食物繊維には体内の異物を吸収し改善する
作用があり、運動や消化液の分泌をも高めるので、
便の通りも良くなります。

 

赤ピーマンやブロッコリー、パセリに含まれる
ビタミンCは抗酸化作用があり、細胞の柔軟性を
促すので肌の柔軟性や若さを取り戻す美容の成分
が含まれています。

 

他にも、ビタミンCはコラーゲンの生成に役立ち、
皮膚や粘膜などを強くするので、身体の抵抗力が高まり、
風邪の予防や体の抵抗力を強める作用もあります。

 

ほうれん草やパセリ、芽キャベツに含まれるビタミンB1
は糖分をエネルギーに変える役割があります。

 

つまり、生きる為に必要なすべての運動に関係します。

 

ビタミンB1が不足すると、体がだるくなったり、
イライラしたり、頭痛を起こしたりするなどの
エネルギー不足になります。

 

ミネラルはカルシウムやカリウム・鉄などミネラルが
多く含まれていて、骨の形成や身体の機能の調整
役立ちます。

 

β?カロテンは体内でビタミンAに変化し、皮膚や目・
粘膜を健康に保ち、免疫機能を強くする働きが
あります。

 

また、脂と一緒にとると吸収率が高まります

 

他に緑黄色野菜に含まれる成分でミネラルが
あります。

 

ミネラルにはカルシウム、鉄分、マグネシウムなどが
含まれています。

 

色素にはクロロフィル、カロチノイド、フラボノイド、
アントシアニンなどが含まれております。

 

 

新鮮な野菜が自宅に届く!
Oisixおためしセット詳細へ
Oisixおためしセット

 

 

トップページへ