緑黄色野菜について紹介します!

通販野菜選びの3つのポイント!
@野菜の産地が記載されているか
A農薬は、どのくらい使われているのか、
または、使われていないのか
B放射能物質の検査はされているのか

緑黄色野菜とは?

にんじん

緑黄色野菜とは緑や黄色、赤といった色素成分が
非常に多く含まれる濃い野菜の事で、その中でも、
β?カロテンが一定量以上、豊富に含まれている
野菜の事だと決められています。

 

一定量とは国の厚生労働省の基準で決められて
いる数字のことで、この場合は100g当たりのカロテン
が600μg以上のものを指します。

 

主にカボチャ、にんじん、ほうれん草などの野菜に
含まれています。

 

なすやキュウリは一見色が濃く緑黄色野菜に見えますが、
実は実の色が薄く、β?カロテンが一定上含まれて
いないので、淡色野菜になります。

 

他にも、緑黄色野菜には食物繊維ビタミン、ミネラル、
色素などの多彩な成分がはいっています。

 

ということは、緑黄色野菜を食べるだけで様々な栄養を
取り入れられることになります。

 

それも野菜によって効能は様々です。

 

又、緑黄色野菜は摂取する事により、人体に様々な
影響をあたえます。

 

例えば、小松菜、ブロッコリー、キャベツなどを食べると
ストレスが軽減します。

 

二日酔いになった時にはトマト、カブが効果的です。

 

女性が気になる美容や肌荒れに効果があるのはにんじん、
ほうれん草、アスパラガスなどです。

 

夏バテや、食あたりにはきゅうりを食べると良いです。

 

これらは全て緑黄色野菜内の成分によるものです。

 

また、緑黄色野菜に最も含まれているβ?カロチンを
取る事によって、日本の死因で多いガンになるリスクを
抑える効果があります。

 

アメリカの研究所が実施した研究によりますと、
ガンを発祥させる要因は、脂肪分の多い食生活や
高カロリー食、塩分の取り過ぎ、調理の際に加熱する
ことによって出来る発がん物質の影響で起こりうると
されています。

 

それをβ?カロチンに含まれるポリフェノールが抗酸化作用
によりコレステロールが酸化するのを防いでくれます。

 

これによって、ガンを予防してくれます。

 

カロテンはガンだけではなく、老化や生活習慣病の原因
になる活性酸素の害を防ぐ働きもあります

 

 

新鮮な野菜が自宅に届く!
Oisixおためしセット詳細へ

OisixおためしセットOisixおためしセット

 

 

トップページへ