春野菜の効果を紹介します!

通販野菜選びの3つのポイント!
@野菜の産地が記載されているか
A農薬は、どのくらい使われているのか、
または、使われていないのか
B放射能物質の検査はされているのか

春野菜で体の中から美しくなろう!

さやえんどう

「春の皿には、苦みを盛れ」と昔から言われて
います。

 

ふきのとうやふき、菜の花などの春に出てくる
野菜は、苦みが強いものが多いですよね。

 

この春野菜に含まれる独特の香りと苦み成分は、
サポニン、タンニン、アルカロイドという成分です。

 

これらの成分は、肝臓の働きを良くして、解毒
作用を促してくれるので、デトックス効果
期待できます。

 

冬に溜め込んだ余分な老廃物や脂肪などを
体の外に出してくれる作用があります。

 

また、ビタミンA(カロテン)やビタミンB群、
ビタミンCなどのビタミン類もたくさん含まれて
います。

 

ビタミンA、B、Cは、アレルギーや花粉症、目の
炎症など春になると起こりやすいトラブルを予防
するにも効果的です。

 

春野菜には、体を覆っている粘膜を強化してくれたり、
体内の代謝を高めてくれる補酵素もたくさん含まれて
います。

 

では、実際に春野菜には、どんなものがあるので
しょうか?

 

例をあげていきますね。

 

・たまねぎ

 

玉ねぎ特有の辛味成分であるアリシンは、ビタミン
B1の吸収を助けてくれたり、血液をサラサラにして
くれる効果があるとされています。

 

また、ビタミンB1、B2、C、カルシウム、カリウム
なども含まれているので、疲労回復や風邪の予防、
血管の老化を防いでくれる効果があるとされて
います。

 

玉ねぎ

 

・グリーンピース

 

グリーンピースは、えんどう豆の未熟な種です。

 

冷凍食品などで、1年中出まわていますが、
実は、春が旬の野菜です。

 

たんぱく質の宝庫で、ビタミンCやB群、ミネラル
がバランス良く含まれていて、食物繊維も野菜の
中では、トップクラスの含有量です。

 

また、グリーンピースに含まれるグルタミン酸は、
利尿作用や解毒作用だけでなく、料理のうま味
を引き出してくれる効果もあります。

 

 

・さやえんどう

 

えんどう豆が成長する前の若いうちにさやごと
食べるのがさやえんどうです。

 

完全に成熟される前に収穫するので、ビタミンC
がたっぷり含まれています。

 

さやえんどうは、調理してもビタミンCの損失が
少なくてすむのが特長です。

 

また、疲労回復や代謝を促進してくれるビタミン
B群やβーカロテン食物繊維も豊富に含んで
います。

 

・ふき

 

日本では、昔から親しまれている野菜です。

 

食物繊維がたっぷり含まれていて、整腸作用
があり、便秘にも効果的です。

 

また、ふきに含まれるカリウムには、体内に
たまった余分な水分を体の外に排出してくれる
などデトックス作用が期待できます。

 

ふき独特の苦み成分であるクロロゲン酸は、
抗酸化作用もあるので、アンチエイジング
にもなります。

 

・たけのこ

 

グルタミンやチロシン、アスパラギンなどのアミノ酸
をたくさん含んでいるたけのこは、疲労回復効果
期待できます。

 

また、たけのこにもカリウムが含まれていますので、
デトックス効果や余分な水分を排出してくれるので、
むくみ防止にもなります。

 

食物繊維も豊富なので、ダイエットにもおすすめの
野菜です。

 

・ニラ

 

ビタミンA、B群、Cなどのビタミンを多く含む
野菜です。

 

江戸時代には、薬草として重宝されていました。

 

カルシウムもほうれん草と同じくらい豊富に
含まれています。

 

独特の香り成分である硫化アリルという成分は、
消化酵素の分泌を促進したり、ビタミンB群の吸収
を良くしてくれます。

 

・ふきのとう

 

ふきのとうは、キク科のふきの蕾で、独特の香りと
苦みがあります。

 

アンチエイジングに効果的なビタミンE余分な
水分を排出してくれて、むくみを防止してくれる
カリウムなどを豊富に含んでいます。

 

苦み成分であるアルカロイドとケンフェノールは、
新陳代謝を促進する作用があります。

 

・たらの芽

 

たらの芽は、たらの木の若い芽です。

 

昔から、胃腸や糖尿病にも良いとされています。

 

細胞の抗酸化作用もあると言われているビタミンE
骨粗しょう症の防止作用のあるビタミンKなども
たくさん含まれていますので、アンチエイジング
にも効果的な食材です。

 

 

新鮮な野菜が自宅に届く!便利な通販野菜!
Oisixおためしセット詳細へ
OisixおためしセットOisixおためしセット

 

 

トップページへ