野菜の効果でむくみを改善しよう!

通販野菜選びの3つのポイント!
@野菜の産地が記載されているか
A農薬は、どのくらい使われているのか、
または、使われていないのか
B放射能物質の検査はされているのか

むくみ(浮腫)を予防してくれる野菜と果物

さつまいも

夕方になるとどうしてもむくんでくる足。

 

どうにかしたいと思っている人も多いのではない
でしょうか。

 

どうして、野菜や果物がむくみを予防してくれるの
でしょうか?

 

野菜や果物の中には、利尿作用があり、体内に余分
に溜まった水分を体の外に出してくれる働きのある
ものや体を温めることで新陳代謝を良くしてむくみ
にくくしてくれる働きのあるものがあります。

 

では、実際にむくみを予防してくれる野菜や果物
にはどういったものが上げられるのでしょうか?

 

まずは、さつまいもです。

 

さつまいもには、食物繊維が豊富であることは良く
知られています。また、さつまいもに含まれる
ヤラピンという成分は、便秘を改善する働き
あるとされています。

 

また、さつまいもには、カリウムといって余分な
塩分を体の外へ排出してくれる作用のある成分
含まれているため、むくみ防止にも効果的です。

 

他にもビタミンB1・Cなどもたくさん含まれている
ため、トータル的に引き締まった体へと導いて
くれます。

 

次は、きのこです。

 

こちらも食物繊維が豊富に含まれているので、
腸内環境を整えてくれます。

 

また、低カロリーなので、ダイエットにも
おすすめの食材です。

 

きのこもまたカリウムをたくさん含んでいて、
体の外に余分な水分を排出してくれるので、
むくみを予防に最適です。

 

海藻類もまたカリウムをたくさん含む食材です。

 

その中でもひじきには、骨や歯になるカルシウム
や美肌効果もあるビタミンA、便秘改善
ダイエットにも大切な食物繊維、貧血の予防に
大切な鉄分などがたくさん含まれています。

 

特に鉄分不足はむくみの原因にもなりますので、
鉄分を多く含むひじきは最適です。

 

りんごにも余分な水分を排出してくれるカリウム
がたくさん含まれています。

 

また、りんごに含まれるリンゴ酸やクエン酸は、
胃腸の働きを良くしてくれ、疲れの元になる
乳酸を減らしてくれますので、疲れから来る
むくみ改善も期待できます。

 

果物の中でも特に塩分を体の外へ排出してくれる
カリウムが多く含まれているのがバナナです。

 

他にもバナナには、新陳代謝を良くしてくれる
ビタミンB1やB2、食物繊維も多く含まれています。

 

 

新鮮な野菜が自宅に届く!
Oisixおためしセット詳細へ
OisixおためしセットOisixおためしセット

 

 

トップページへ