緑黄色野菜に多く含まれるβカロテンを紹介します!

通販野菜選びの3つのポイント!
@野菜の産地が記載されているか
A農薬は、どのくらい使われているのか、
または、使われていないのか
B放射能物質の検査はされているのか

βカロテン(カロチン)とは?

にんじん

βカロテンとは主に緑黄色野菜に多く含まれて
いる成分で、カロテノイドという動植物が持つ
成分の一種です。

 

βカロテンは摂取すると、体内で必要に応じて
ビタミンAに変化されるので、β?カロテンと
ビタミンA両方の栄養素を吸収する事ができます。

 

体内のビタミンAがなくなった時のみ、
βカロテンは変化するので、過剰摂取症の
心配も無く身体に悪影響を与える事はありません。

 

ビタミンAが入っている食品には脂質や
タンパク質が含まれているものが多いので、
βカロテンをたくさん摂取してビタミンAに
変化させた方が健康的です。

 

βカロテンは、にんじんやトマト、カボチャなどに
含まれており強い抗酸化作用があります。

 

一方、ビタミンAレバーや、牛乳などにも
含まれておりレチノール、レリナール、
レチノイン酸があり粘膜を保護する役割
あります。

 

βカロテンの含まれている食べ物を
食べれば両方を吸収する事が出来ます。

 

βカロテンには様々な効能があります。

 

βカロテンは様々な成分の中でも強い
抗酸化作用を持っています。

 

抗酸化作用とは、体内の活性酸素を
取除く働きの事です。

 

活性酸素は体内のウィルスなどと戦う
働きがあります。

 

誰もが持っているものではありますが
増加しすぎると身体に異常をきたします。

 

この活性酸素は生活習慣病などで増殖し、
増えすぎると老化やガンの促進など命に
関わる病気にも繋がります。

 

そのため抗酸化作用をもつβカロテンは
活性酸素を原因とする病気の予防にも
なります。

 

他にも、βカロテンは美白美肌効果
視力回復、強い骨を作る役割をもつ優れた
成分です。

 

しかし何事も程度があって、どんなに
素晴らしい栄養素を持つ成分であっても
取り過ぎは毒になります。

 

βカロテンの場合、過剰に摂取すると
カロテノイドの濃度が上がり皮膚が黄色く
なります。

 

これらは摂取を止めるとすぐに症状は
治まるので心配はありません。

 

βカロテンは脂質と一緒に摂取する事で
吸収率が上がるので、野菜炒めやレバニラ炒め
などを火を通す調理方法がおすすめです。

 

 

 

新鮮な野菜が自宅に届く!便利な通販野菜!
Oisixおためしセット詳細へ

Oisixおためしセット

 

 

トップページへ