おせち料理のそれぞれの意味を紹介します!

通販野菜選びの3つのポイント!
@野菜の産地が記載されているか
A農薬は、どのくらい使われているのか、
または、使われていないのか
B放射能物質の検査はされているのか

おせち料理の意味合い

おせち料理

今は、おせち料理も通販で、買えますね。

 

おせち料理には、おめでたい意味合いが
あるのは何となく知っているけれど、
細かくは知らない方も多いのではない
でしょうか?

 

おせち料理を詰める重箱にも「幸福を重ねる」
という意味が込められています。

 

昔は、五段重ねが主流だったようですが、
現在では、ほとんどが三段重ねです。

 

重箱に詰める時は地方などによって違いは
ありますがルールがあります。

 

一番上の「一の重」には、お屠蘇のお供に
なる「祝い肴」が盛り付けられます。

 

数の子、昆布巻き、黒豆、田作り、かまぼこ
などが代表です。

 

真ん中の「二の重」には、魚などの焼き物、
伊達巻や酢の物、栗きんとんなどが入ります。

 

ぶりの照り焼き、なますなどが詰められます。

 

「三の重」には、煮しめが盛り付けられます。

 

そもそもおせち料理の元祖は、煮しめだったと
言われていて、野菜をたくさん使った煮物が
詰められます。

 

次は、それぞれの料理の意味を見ていきましょう。

 

 

数の子

 

ニシンの卵巣である数の子。

 

その卵は数が多く、多産であることから、
「子孫繁栄」の意味が込められています。

 

黒豆

 

黒く日焼けをするくらい健康で、マメに
働けるようにという願いが込められています。

 

昆布巻き

 

よろこぶ(喜ぶ)とかけた健康長寿の縁起物。

 

小生婦とも書かれ、子孫繁栄の意味も込められて
います。

 

田作り

 

田作りに使われるごまめは、「五万米」という
文字で表して、五穀豊穣の意味が込められて
います。

 

海老

 

海老は、髭があり、背中が曲がっていることから
長生きできるように、長寿を表しています。

 

 

言わずと知れた「めでたい」の語呂合わせです。

 

関西では、睨み鯛といい尾頭付きの鯛を詰めて
三が日は、箸をつけないといった習慣がある
そうです。

 

 

かまぼこ

 

日の出を思わせる半月のかまぼこは、めでたさ
明るい未来を象徴しています。

 

白は、神聖なもの、赤は魔除けを意味しています。

 

なます

 

平和を象徴しています。

 

昔は、生の魚介にだいこん人参を酢につけて
いましたが、現在では、野菜だけで、作られること
が多いです。

 

れんこん

 

れんこんには、穴が空いていることから、先を
見通す、明るい未来を象徴しています。

 

また、種が多いので、子孫繁栄の意味も
込められているとされています。

 

 

栗きんとん

 

黄金色をしている金団(きんとん)は、金運
そのものを象徴しています。

 

栗は、「勝ち栗」と言われています。

 

 

新鮮な野菜が自宅に届く!便利な通販野菜!
Oisixおためしセット詳細へ
OisixおためしセットOisixおためしセット

 

 

トップページへ